LED看板で大々的なアピール【気になる今後の広告戦略】

ノートと机

ポスティングが便利

街

ポスティングなど各家庭に直接チラシを配布する広告方法となっていますが、これらを自分たちで行なうとかなり手間がかかってしまうので専門の業者に依頼したほうが効率良く利用する事ができます。

広告で大活躍

看板

バックパネルの制作依頼

展示会、イベント、記者会見などの場で大型のバックパネルの使用が普及しています。展示会場で製品やサービスの情報告知や広告手段として使われたり、イベントや記者会見などの場では、スポンサーや主催者側の情報が印刷された文字通りバックパネルとして活用されています。小型から大型までいろいろなサイズのバックパネルがありますが、サイズとは別にパネルそのものの素材にも違うタイプのものがあります。定期的に行われる記者会見会場などに常設されているバックパネルは木製です。常設であるため頑丈な作りになっているのが特徴です。他にも、軽量パネル方式や折り畳み式の布方式があります。最近の傾向としては、折り畳み式で持ち運びが便利な布方式を利用するところが多いようです。

多様化する用途に対応

バックパネルを使用する場として展示会やイベントが多いということは最近の傾向ですが、展示会場などの場合、小間のサイズが決まっていることからバックパネルのサイズも何種類かに定まりつつあるようです。予め、数種類のサイズの中から選ぶ方式になることで、コスト削減や作業効率が上がり、結果として制作期間の短縮にもつながります。布製のバックパネルの場合、組み立て作業が楽なことから、短時間で組み立てや収納ができます。また専用のキャリーケースに収まるよう設計されていることから、簡単に持ち運びができる、という利点もあります。利用する側は、予め納期や費用を確認したうえで、デザイン原稿を入稿し、出来上がったデザイン画像を確認し、問題がなければ出力したものが直接バックパネルに使用される、という簡単な手順だけです。この利便性がバックパネルの利用を拡げている理由だと考えられます。

大々的な宣伝方法

最近では気軽に持ち運べるチラシ広告やバックパネルなどが重宝されているイメージがありますが、昔ながらの広告である看板も大々的にアピールする事が出来る広告の1つとなっています。昔からある看板広告ですが、夜間も目立たせるためにライトなどを使用する事から維持コストがかかってしまうというイメージがありますが、最近ではLEDなどもあるので維持コストもかからなくなっているのでどんどん見直されてきました。LEDは、今最も注目されている照明ですし長持ちすることからコストをかけずに看板などに使用できます。

パネルで広告

ノベルティ

バックパネルはよく記者会見などの際に利用される企業名などが記載されているパネルのことで、記者会見などの他にも企業の展示会などでも利用されます。印象に残りやすい広告方法なので専門業者に制作を依頼する企業が増えています。

チラシで広告する

街

新しい商品やサービスなどを提供する際には多くの人にサービスを知ってもらいたいと考えるでしょう。そのような際にはポスティングなどが最適です。チラシを毎回チェックする家庭も多いので注目してみましょう。